日の目を見ない、稲庭うどん

 

稲庭うどん作りで、無駄になってしまう部分。

生地の〝あら〟がここに集まります。

ここが全部背負い込んでくれるので、

 

稲庭うどんは、つるつると輝きます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL