秋田県南、山の麓に佇む

小さな稲庭うどん工房。

 

 

 

ここでは、朝もまだ暗いうちから

 

作業がはじまります。

 

材料は、粉・水・塩。

 

職人の手になじむ 感触。

 

ひたすらに 時間をかけて

 

生地と向き合う。

 

先代から受け継いだのは、

 

「つるつる」への

 

一本気なこだわりでした。